名物が消える

今日の河北新報夕刊にユアスタの飲食物販売の仕様変更の記事が載っていました。

ユアスタ・グルメ「本格派」へ一歩 ブース改修、調理可能に

本格的な料理が提供できるようになった反面、指定ブース以外での調理を伴う飲食物の販売が出来なくなるそうです。
これによりユアスタ名物『Vクッパ』が姿を消してしまうことが決定しました。
このVクッパ、私がスタジアムに着く頃には売り切れていることが多く、これまでに2度しか食べたことありません。・・・一度もありつけないまま、なくなってしまうよりはマシとは思いますが、残念です。

また、この『調理』の定義がすごいです。
『ビールやジュース類をコップに注ぐこと』も調理の範疇だそうで、Vクッパを始め飲食店が減ること以上に影響が大きいのではないでしょうか。
コップに注ぐだけで調理となるならば、肉まんやフランクフルトを保温器に入れることやスナック類を容器に分けることも調理となります。こうしたものは全て決められた調理ブースでしか購入できなくなるとすると・・・すごい混雑となりそうです。
実際、どんな状況になるのかは、ホーム開幕戦で分かりますね。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第2節順位

勝利したことでちょっとだけ順位が上がりました。
とはいっても、同じ勝ち点3を得ているチームは8チームありますから、1試合で順位が大きく変わることもあるでしょう。
サンフレッチェ、横浜FCの2チームだけが2連勝。この両者はやはり手強そうですね。特にサンフレッチェの破壊力は侮れません。
第2節終了時 1勝1敗0分 勝ち点3 得失点差0(1、1) 9位

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第2節 VSFC岐阜

1-0で今季初勝利を挙げ、勝ち点3を積み上げました。
・・・そのこと自体はとても喜ばしいのですが、得点がオウンさんでは(^^;)
確か去年の初得点もオウンさん。2年連続でファーストゴールの記録を挙げなくても良いのに。
まあ、せっかくここまでノーゴールを引っ張ったからには、次節のホーム開幕戦でしっかり点取って、サポーターを安心かつすっきりさせてもらいたいものです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

岐阜戦前日

スポルたん!LIVEでの一コマ。
くるみちゃんが「下位チームにしっかり勝って~」と言いました。
現在のところ、勝ち点1差でベガルタの方が岐阜より下位にいるのですが・・・(w
もっとも相手が何処であっても勝ち点3を取って、ホーム開幕戦を迎えたいものです。
ジュビロに移籍した萬代も点を取ったことだし、中島、中原、関口にもゴールを期待しています。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

応援サイトの数

河北新報夕刊のコラムにベガルタ応援ブログのことが載っていました。
筆者が『多くて驚いた』という数は47。
そんなに少ないわけないでしょう。
おそらくは、どこかのブログランキングの登録数をそのまま書いただけと思われますが、ランキングサイトだってたくさんあります。全てのブロガーがランキングサイトを利用しているわけでもありません。
かくいうこのサイトもランキングサイトに登録しましたが、本館はまた別のランキングに登録してあります。つまり、この47にどちらかひとつ、あるいは両方がカウントされていないということになります。
さらに『ベガルタ仙台 ブログ』でググって見ると約148万件がヒットします。全部が全部個人の応援ブログではないですが、総数が47どころではないことも分かります。
ただ1箇所の登録数を挙げるのではなく、もうちょっと調べて書いて頂きたいものですね。せっかくのベガサポの熱さを紹介するコラムなのに、もったいない・・・。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第1節順位

今日で第1節全ての試合が終了し、試合のなかったアビスパ福岡以外に順位がつきました。
下馬評通り、サンフレッチェ、セレッソ、横浜FCがきっちりと勝ち点3を取って、上位につけています。
反対に負けてしまったベガルタは、モンテディオと並んで10位タイ。アビスパを勝ち点0、得失点差0として混ぜると11位ということになります。
とはいっても、開幕したばかり。次節に勝てば大きく順位を上げることも可能です。今の順位が『底』で後は上げていくだけです。

第1節終了時 0勝1敗0分 勝ち点0 得失点差-1(0、1) 10位

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第1節 VS湘南ベルマーレ

去年と同一カードになった開幕戦。しかも開始時間が一番早いことも去年と同じ。
となれば去年同様何処よりも早く勝利を手に入れて・・・といきたいところだったのですが、0-1で敗戦、黒星スタートとなってしまいました。
現地やPVにも行けなかったので、ニュースやスポルたん!LIVEで見た限り、ベガルタが押し気味に試合を進めていたものの、CK一発で沈んでしまったという何とも惜しい試合だったようです。決定力不足が早くも露呈した、とも言えなく無いのかもしれませんが・・・。
何でも閏年の開幕戦は4失点で負けることが続いていたそうです。負けは負けだけど不吉な連鎖は起こさなかった、と良く考えて次節以降の巻き返しを願いたいものです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

新サイト作成

勝手な言い分の分家サイトとしてここを作成しました。ここではベガルタに関することのみ扱っていきます。まずは本家と同じ内容で。
本家が『である調』で分家が『ですます調』か、という点は見逃して頂けると幸い・・・。

とりあえず今季開幕に間に合うよう体裁を整えるのが目標です。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第32節 VSアルビレックス新潟

新しい天敵の出現でしょうか。
リーグ戦の対アルビレックスは3連敗です orz。
スコアこそ1-0でしたが、完敗でした。
攻守共にアルビレックスの出足の速さに翻弄され、主導権を握られっぱなし。ベガルタはあまりシュートまで行かせてもらえませんでした。それでも何本か枠には行っていましたが、決定的と言える程のシュートはなかったと思います。
逆に卓人のスーパーセーブがいくつあったでしょうか・・・。
10年前の今日、アルビレックスはJ2優勝とJ1昇格を決めました。そのメモリアルデーを『完封でホーム8連勝』という花を飾らせてしまいました。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第29節順位

賞金圏まであと1歩なのですが、これが中々近づくことが出来ません。今節も順位は8位のままです。
しかも、7位のFC東京とは勝ち点差3ですが、得失点差が離れています。9位のレイソルとも似たような状況、ということで次節もよほどのことがない限り、勝敗に関係なく順位は動かないでしょう。
ベガルタは変動なしですが、上位が大きく動きました。首位攻防戦に勝ったマリノスが首位に返り咲き、敗れたサンフレッチェは3位に後退しました。その間に、3位4位対決を制したレッズが割り込み、敗れたアントラーズはセレッソに躱されました。
下位はジュビロが崖っぷちです。次節敗れて15位のヴァンフォーレが勝つと降格が決まってしまいます。

第29節終了時 11勝7敗11分 勝ち点44 得失点差8(37、29) 8位

Facebooktwittergoogle_plustumblr