新サイト作成

勝手な言い分の分家サイトとしてここを作成しました。ここではベガルタに関することのみ扱っていきます。まずは本家と同じ内容で。
本家が『である調』で分家が『ですます調』か、という点は見逃して頂けると幸い・・・。

とりあえず今季開幕に間に合うよう体裁を整えるのが目標です。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第32節 VSアルビレックス新潟

新しい天敵の出現でしょうか。
リーグ戦の対アルビレックスは3連敗です orz。
スコアこそ1-0でしたが、完敗でした。
攻守共にアルビレックスの出足の速さに翻弄され、主導権を握られっぱなし。ベガルタはあまりシュートまで行かせてもらえませんでした。それでも何本か枠には行っていましたが、決定的と言える程のシュートはなかったと思います。
逆に卓人のスーパーセーブがいくつあったでしょうか・・・。
10年前の今日、アルビレックスはJ2優勝とJ1昇格を決めました。そのメモリアルデーを『完封でホーム8連勝』という花を飾らせてしまいました。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第29節順位

賞金圏まであと1歩なのですが、これが中々近づくことが出来ません。今節も順位は8位のままです。
しかも、7位のFC東京とは勝ち点差3ですが、得失点差が離れています。9位のレイソルとも似たような状況、ということで次節もよほどのことがない限り、勝敗に関係なく順位は動かないでしょう。
ベガルタは変動なしですが、上位が大きく動きました。首位攻防戦に勝ったマリノスが首位に返り咲き、敗れたサンフレッチェは3位に後退しました。その間に、3位4位対決を制したレッズが割り込み、敗れたアントラーズはセレッソに躱されました。
下位はジュビロが崖っぷちです。次節敗れて15位のヴァンフォーレが勝つと降格が決まってしまいます。

第29節終了時 11勝7敗11分 勝ち点44 得失点差8(37、29) 8位

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第18節 VSヴァンフォーレ甲府

後半戦のスタートは、1-0で勝利しました。
決定的シーンを決められなかったのが2つ3つ。ポスト直撃弾もありました。ですからもうちょっと点が取れたのに、と思わないでも無いです。
ただ、ヴァンフォーレにも同じようなことが言えました。
今季、『先制した試合は負けていない』ベガルタと、『先制された試合は勝っていない』ヴァンフォーレの差がそのままに結果になったようにも思います。
仙台の日中の気温よりも高い中で、何をどう積んだらそんなことになるのかさっぱり分からなかった『6分』というとんでもないロスタイムを含めて、最後まで走りきりました。そんな運動量の勝利でもあったと思います。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第1節順位

昨シーズンは、ずっと2位以上をキープしていましたが、今シーズンは中位スタートとなりました。
ドローでしたから仕方ないです。
第1節での順位などあってないようなものですから、ここから如何に勝ち点を積み上げ順位を上げていくかが大事です。
次節の相手は、苦手なカシマスタジアムでのアントラーズ戦ですが、今シーズンの初勝利、となって欲しいものです。

シーズン序盤の注目と言えば、ジュビロの前田の初ゴールですが、とりあえずグランパスは回避しました。一体何時、どこ相手に出るのでしょうか。
ちなみにベガルタが当たるのは7月です。いくら何でもそこまで引っ張ることは無いと思いますが・・・。

第1節終了時 0勝0敗1分 勝ち点1 得失点差0(1、1) 8位

Facebooktwittergoogle_plustumblr