第8節 VS愛媛FC

まさに『二度あることは三度ある』です。
今日もまた勝ちきれませんでした。先制するも追いつかれること3戦連続。
後半39分に直樹がPKを献上してしまう絶体絶命の危機を林がスーパーセーブで救ったときは、『勝てる』と思ったのですが・・・。
やはり勝負は終わってみるまで分かりません。
とはいえ、寄りによってロスタイム。しばらく見なかったベガルタシンドロームがここで発現してしまうとは、本当に予想外です。
この3戦、『あの時のドローが』なんてことになりそうで嫌ですね。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

社名変更の本当の理由?

J2仙台、社名も「ベガルタ仙台」に変更

『ハンドとレッド(カード)はサッカーの会社名として縁起が悪い』

名川社長がかなりウィットの効いたことを言っています。
でも、チームカラーにレッドが入っていますが?
あれは、あくまでも『ベガルタ・レッド』であって『レッド』ではないということなのでしょうか(笑)

Facebooktwittergoogle_plustumblr

2008年版トレーディングカード

今年もトレーディングカードが発売されます。発売予定日は5月31日です。
ベガルタの他に横浜FC、ヴァンフォーレ甲府、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡のJ2の6チームのカードが発売されます。全部J1を経験したことのあるチームですね。湘南ベルマーレが抜けていますけど(^^;)
ベガルタのカードは去年も発売されていて、『ちょっとずつそろえていこう』としたのですが、あっという間に売れ切れてしまい、結局2パックしか買えませんでした。
その反省を踏まえて、今年は『予約で大人買い』してみます。大人であればあるほど割引率が良いのですが、そこはちょっと自制して1boxにしました。1boxでコンプリートは出来ないそうですけど・・・。
楽天市場の期間限定ポイントの期限が迫っていたいた分を充当し、さらにポイントが倍になるイーグルスの勝利の翌日に注文を入れるという、安くなっている商品をさらにちょっとだけお得にして購入したトレーディングカード、届くのが楽しみです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第7節順位

やはりサンフレッチェは強いですね。今節も勝利して首位キープです。
もう一つ特筆すべきは岐阜の爆発力ですね。アビスパ相手に5得点。全く持って見事です。その決定力を少し分けて欲しいくらいです。
ベガルタはまたしてもドローだったことで順位が下がり、首位との差も開いてしまいました。2つのドローで、1つ負けた以上の勝ち点を失ったことになります。1、2位が1試合少ないことを考えても、ちょっと痛い状態になってしまいました。

第7節終了時 3勝2敗2分 勝ち点11 得失点差1(6、5) 5位

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第7節 VS徳島ヴォルティス

前節に続いて、1-1のドロー。それも追いつかれるという結果です。虎の子の1点を守れませんでした。
同点ゴールを決められる直前に負傷した岡山をその時点で交代していればどうなっていただろうか。タラレバは禁物なのですが、そう思えてしまいます。
もっともそれ以前、ガンガン攻めていた前半の内に1点を取っていれば・・・。
決定的な場面は作るのに、ゴールの中にボールが入ってくれないのは、とても歯がゆいです。

岡山の怪我は、頸椎捻挫で全治2週間と発表されました。またCBが欠けることになってしまいました。次節は広大と一柳でいくのか、はたまた直樹をコンバートするのでしょうか。取れない2点目に、受難続きのCB。心配事ばかりが増えていきます。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

社名が変わります

ベガルタ仙台の運営会社『東北ハンドレット』の社名が変更されることが発表になりました。正式には、株主総会で承認されたら、なのですが、おそらく承認されることでしょう。

減資と社名変更承認 東北ハンドレッド

新しい社名は、『ベガルタ仙台』。チーム名と同じになります。わかりやすくて良いかと思います。
もう一つ、累積債務解消の80.5%の減資を行うそうです。
これに絡んで、宮城県の方からお達しがありました。

ベガルタ補助金廃止 宮城県が支出抑制の方針

厳しい事ですが、宮城県も財政難ですからあまりわがまま言えないですね。県は筆頭株主ですし、無償減資に応じてくれるだけでも、よしとするべきなのでしょう、きっと。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

木谷の怪我

横浜FC戦で負傷退場した木谷の怪我のことが発表されました。

木谷公亮選手のけがについて

肉離れで全治2週間。
あまりひどくなくて良かったです。
この間の代役は、広大ということになるのでしょうか。

OHPにはもうひとつ、心温まるニュースが出ていました。
株式会社パールライス宮城様からベガルタ仙台ユース選手におにぎりを提供していただくことになりました。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

42節の広島戦

ホームゲームの中で唯一決まっていなかった第42節のサンフレッチェ戦(11/9)の会場が決まりました。

第42節サンフレッチェ広島戦会場決定のお知らせ

未定と発表された時から嫌な予感はしていましたが、宮城スタジアムです。
ここで勝ったことが無いのですよね。
ホームでありながら、鬼門。こんな場所でわざわざやらなくても良いのに・・・。

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第6節順位

ただ、1チーム勝ち星の無かったヴァンフォーレが勝ちました。それも、後半に2人の退場者を出し、追い上げを食らったものの、前半に取った3得点が効いて逃げ切る、というなかなか壮絶な勝ち方をしました。逆に敗れたセレッソにしてみれば、悔やまれる1戦となったのではないでしょうか。
また、サンフレッチェが岐阜と引き分けました。これも大きいです。首位との勝ち点差が広がらずに済みました。もし、今日ベガルタが勝っていれば首位に立てていたのですね。このタラレバは対戦相手の横浜FCにも言えることですが・・・。

第6節終了時 3勝2敗1分 勝ち点10 得失点差1(5、4) 4位

Facebooktwittergoogle_plustumblr

第6節 VS横浜FC

前半2分という早い時間に先制し、『今日こそはゴールラッシュ』と期待したのですが、残念ながら追加点は奪えませんでした。
さらに後半29分にセットプレーから失点してしまい、結局ドローということに。
やはり2点目が取れないところが問題ですね。
ただ、体調不良の岡山に代わって入った広大や初出場を果たした西山が良い動きを見せてくれたことは、今後の戦いにおいての光明となると思います。

Facebooktwittergoogle_plustumblr