第21節 VS徳島ヴォルティス

前節山形で喫した惨敗の悪夢を振り払うために、快勝したいところではありました。
しかし、その思いが強すぎて逆にプレッシャーになってしまったのか、はたまた『徳島戦で北村主審』と最凶コンボに萎縮してしまったのか、前半はどうにもペースが握れませんでした。それだけではなく、ロスタイムに先制されるという最悪の結果付き。
この嫌な流れを引き戻してくれたのは、後半13分の岡やんの同点ゴール。そして、関口の執念のヘッドが完全に流れをベガルタのものにしてくれたと思います。映像で見ると微妙な感じもしますがゴールが認められて良かったです、ホント。
トドメには、中原のシュートのこぼれを由紀彦が押し込むという、ホットラインのひとつの形を見せてくれました。
勝ったことは良いけど、出来ることなら後半のような戦い方を前半からしてもらいたかったです。わがままですけどね。

Facebooktwittergoogle_plustumblr