第8節 VSFC岐阜

田村に続いて関口まで怪我で離脱。
怪我人続出『満身創痍』といいたくなるような状況での試合でしたが、2-0で勝利しました。
前半6分にあっさり先制しました。しかし、そこから怒濤のゴールラッシュ、とはいかないのがベガルタ(^^;)
前半はシュート2本という有様でした。もっともそのうちの1本が点になっているのだから、効率が良いといえば良いのですけどね・・・。
後半に入っても点が入る気配は見えなかったです。
2点目は後半34分、PKによるものでした。この点で何とか安心できました。それまではいつ同点にされるのではないかと・・・。前節の前半ロスタイムのことがあっただけにヒヤヒヤしていました。

内容も大事だけど、それ以上に結果が大事。とにもかくにも勝てて良かったです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr