第24節 VSコンサドーレ札幌

開幕からずっと使っていた宮城スタジアムも今日がおしまい。言ってみれば1度目のホーム最終戦。
勝利で飾って、本来のホームであるユアスタに戻りたかったのですが、1-1のドローに終わってしまいました。

前半は点が入らず、後半に先制されました。
これで4試合連続。こんなことはパターン化して欲しくないのですけど・・・。
今日の失点は、あげられたクロスが間違ってゴール方向に飛んで入ってしまったとか思えないようなものでした。だからといって失点には変わりなく、何の慰めにもならないのですが。
以前の3試合と違って、失点したのが10分ほど早かったのは、今年1番を記録した暑さの所為でしょうか。湿度が低かったとはいえ、32度の晴天での試合は厳しいですよね。
平年の仙台の梅雨時といえば、『やませ』の影響で肌寒いぐらいの日が多いです。それを考慮して13時キックオフを設定したのでしょう。日程が決まった時点で試合の日の天気がどうなるかなんて、誰にも分からないことですが、裏目も良いところでした。

閑話休題。
早い時間に先制されたということは、追いつき逆転するための時間が多くあるということでもあります。
しかし、追いつけたのは後半35分。正直負けを覚悟しかかった頃でした。
負けなくて良かったとは思うけど、それ以上にやはり勝ちたかったです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr