1st第4節 VS清水エスパルス戦

今日も前半はダメダメでした。
エスパルスの素早い寄せと攻撃に翻弄されて良いところ無し。ビハインドが1点で済んだのはとても幸運なことでした。

後半は立て直して良い形が作れるようにはなりました。そしてCKからウイルソンが同点弾を決めました。
しかし、その後カードが乱れ飛ぶ荒れた展開に。最終的にはエスパルスが2人の出しましたが、この数的優位を生かし切れたかと言えば、そんなことは無かったです。
それでも後半のアディショナルタイムに渡部が値千金の逆転弾を決めました。キーパーが飛び出してはじいたところを押し込むという、レイソル戦で取られたような形を再現したようなゴールでした。
決していい内容の試合ではありませんが、とにかく勝ち点3を取りました、それも『天敵』といえるほど苦手な相手から取れたということは大きいです。
ただ、ここまでリーグ戦でゴールを決めたのはウイルソンと渡部だけです。ナビスコ杯を入れると鎌田が加わりますが、ウイルソンとCBだけが点を取っていることに変わりはありません。そろそろウイルソン以外の攻撃陣にも点を取ってもらいたいものです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr