第34節 VSヴァンフォーレ甲府戦

ヴァンフォーレ甲府1-0ベガルタ仙台
リンス(後半51分)


今季最終戦は、ある意味『とてもベガルタらしい』試合でした。
終始シュートを打てずに攻撃が終わったり、枠に飛ばなかったりでした。
最終盤になってから猛攻を仕掛けるようになりました。そして5分と表示された後半アディショナルタイムに入ると、立て続けに決定的チャンスを作るも相手GKの好セーブに阻まれました。その直後に失点 orz。公式記録としては後半51分。またも後ちょっとが守れませんでした。
残留のために勝利が絶対条件だったヴァンフォーレに『奇跡』をこの上なく劇的にお膳立てしたようなものです。ただ、15位のエスパルスも勝ったためにヴァンフォーレは降格となってしまいました。
ベガルタも12位と順位を上げることが出来ずに今季を終えることになりました。
それにしても、最終戦の勝て無さは何なのでしょう。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ベガルタ仙台

Facebooktwittergoogle_plustumblr