第32節 VSサンフレッチェ広島戦

サンフレッチェ広島0-1ベガルタ仙台
石原(後半22点)

4連敗中のサンフレッチェと5戦勝ちなしのベガルタという調子を落としているチーム同士の対戦でした。
そしてアウェイのサンフレッチェ戦は苦手でした。
しかし1-0で勝利することが出来ました。
唯一のゴールを挙げたのはサンフレッチェに在籍経験もある石原です。
交代枠を使い切った終了間際に、椎橋が顔面強打でプレー続行が不可能になり10人で戦わざるを得なくなってしまいましたが、ゴールだけは死守しました。アディショナルタイム6分は長かったです。
 
首位フロンターレは今日の試合で負けました。しかし、ベガルタが勝ち点差7で追っていたサンフレッチェに黒星を付けたことでフロンターレの連覇が決まりました。優勝をアシストした形になったのですが、ベガルタにとってより重要なのは残留が確定したことだと思います。
Facebooktwittergoogle_plustumblr