天皇杯2回戦 VSグルージャ盛岡戦

ベガルタ仙台2-5グルージャ盛岡
石川(前半18分)
茂木(後半35分)
牛之濱(前半13分)
梅内(26分、後半19分)
安楽(前半32分)
鈴木(後半29分)


やらかし癖のある天皇杯ですが、今日の試合は間違いなく歴代No.1です。
早い時間に先制点を取られてゲームプランが崩れたのかもしれませんが、とにかく後手後手でした。
攻撃も守備もグルージャの方が上でした。プレーの精度に加えて、気迫も上回られたら結果は明白でした。しかも、グルージャはどれだけ点を取っても守りに入らず、攻めの姿勢を貫きました。まさに『攻撃は最大の防御』を実践した形になりました。
どちらがJ1のチームか分からない位、グルージャは素晴らしかったです。
結果、5失点の大惨敗。ガチのメンバーを出してこの為体は言い訳のしようがありません。これまでどんな状況でも応援を続けてきたコアサポが、さすがに5点目を取られた後横断幕を撤収し、応援を止めました。それぐらい酷い負け方でした。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ベガルタ仙台

Facebooktwittergoogle_plustumblr