天皇杯決勝 vs浦和レッズ戦

浦和レッズ1-0ベガルタ仙台
宇賀神(前半13分)

天敵興梠にゴールは許しませんでした。
しかし鬼門埼玉スタジアムを打破することが出来ませんでした。
前半はとても良い形で試合には入れていました。ただ、流れを完全にこちらのものにする前に、セットプレーのこぼれからゴールを割られてしまいました。ゴラッソとしか言いようのない素晴らしいシュートは、ベガルタに取っては不運そのものでした。
この1点が最後まで重くのしかかりました。最終的にはレッズを上回るシュートを放ちましたが、最後までゴールを割ることは出来ませんでした。
初のタイトルはお預けです。手も足も出なかった、という訳では無かっただけに悔しいです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr