MENU

トップ不在に

ベガルタの社長が辞任表明 「運営難しい」

当初の予定では、今日の取締役会で辞意を正式表明し、今月末を以て辞任、ということになるはずでした。
しかし、前倒しで今日付の辞任ということになりました。
この背景には、ここ数日の来季体制についての報道に対する不信感と抗議の意味がある様に思います。結局この辞任劇は、一種のクーデターなのでしょうね。
この大事なときに、一体何をやっているのやら。

ただ、現場もサポも、状況も考えずお家騒動をやっているフロントに振り回されずに、昇格に向けて前進あるのみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!