MENU

審判の暴言

審判暴言問題で協会とJが共同調査着手

毎年、審判に壊される試合がありますので、こうした事件も他人事ではないです。

何もないところで『死ね』という言葉が出てくるとは思えない。

協会はこんな事をいっています。確かにその通りではありますが、どんな状況にあっても人に「死ね」と言ってはいけないでしょう。それは選手とか審判以前の問題です。
さらに試合中の審判は誰よりも冷静で無くてはいけないはず。それがなされなかったということは、やはり審判の資質を疑問視して然るべきではないでしょうか。
言った方と言われた方が逆であったならば、当然レッドカードが提示されるでしょう。出場停止も1試合で済むとは思えません。そうしたことを踏まえて、きちんとした対応を取って頂きたいものです。
それにしても・・・家本氏に続いての今回の西村氏。スペシャル・レフェリーの認定に問題ありなのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!