MENU

主力温存で制裁?

天皇杯主力温存の大分&千葉に制裁案

もともと規定に無いことで罰を科すというのは釈然としません。
盛大な後出しジャンケンですね。
それも対象がトリニータとジェフだけというのもおかしな話です。
主力を温存して天皇杯を戦ったのは、この2チームだけですか?
違うでしょう。
ベガルタは、4回戦のFC東京戦で5人入れ替え、惜敗しました。その前の3回戦は9人替えて勝利しています。
他にも同じように事をしたチームはあるでしょう。
勝てば問題なし、負けても上のカテゴリー相手ならOK。
そんなのおかしくないですか?
確かに天皇杯は、出場機会に恵まれない選手のための大会ではありません。
が、監督がピッチに送り出した以上、そのメンバーがベストメンバーという事ではないでしょうか。
連戦で疲弊している選手を無理に使うより、良いパフォーマンスが期待出来ると判断しての事だと思っています。

記事の最後に『シーズン制を変えれば、全部がうまくいく』とありますが、結局これがやりたいからこその制裁なのでしょうね。
しかし、主力温存での敗退がトリニータとジェフではなく、レッズとアントラーズだったとしたら、同じように制裁を言い出していたでしょうか。このあたりが非常に疑わしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!