第22節 VSFC東京戦

FC東京1-0ベガルタ仙台
オリヴェイラ(後半17分)

決定的なピンチを招くことなく良く守っていました。
ただシマオ・マテが永井を倒してしまいPKを取られました。
このPKをスウォビィクが完璧に止めたのですが、蹴られる前にラインから前に出たということで蹴り直しとなってしまいました。しかもイエローカード付きです。
そして蹴り直しはコースを読んでいたものの決められてしまいました。
これが決勝点になってしまいました。
相手にではなく、この8月から導入された新ルールに負けてしまった感じがします。ルールに適応できなかったのが悪いと言われればそれまでですが・・・。

Facebooktwittertumblr