ナビスコ杯第7節 VSヴィッセル神戸

開始早々と後半アディショナルタイムという、取られてはいけない時間帯に失点してしまい、2-1で負けました。
グループ内で唯一、決勝トーナメント進出の可能性がない状態でしたが、所謂消化試合とは感じさせない試合ではありました。
暑さの所為でグダグダだったところは、無いわけではありませんが、それでもヴィッセルの選手たちよりは動けていたと思います。
それが結果に繋がらなかったのは、残念としかいいようがありません。
ただ、初スタメンだった藤村が初ゴールを決められたことは良かったです。

Facebooktwittergoogle_plustumblr