MENU

ナビスコ杯準々決勝 VS川崎フロンターレ(A)

どちらかというと押し気味に進めていたのに、ミスから失点。中断前によく見た光景が再現されてしまいました。
この失点を取り返すべく、さらに攻勢に出ていたところに、林の1発レッドでPK献上という悪夢が起きました。林のプロ初退場は、あまりにも厳しい判定だったように思います。
ただ、碌に準備も出来ないまま緊急出場となった桜井は、良くやってくれました。
そして、数的不利になったことにも選手達の心は折れませんでした。
『攻撃は最大の防御』とばかりに貪欲にゴールを目指した結果、ロスタイムに松下のゴールで1点をもぎ取ることが出来ました。
試合はそのまま終了し、負けたわけですが、ホーム&アウェイの戦いでは、アウェイで挙げたこの1点はとても大きいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!