第8節 VS鹿島アントラーズ戦

鹿島アントラーズ1-0ベガルタ仙台
犬飼(後半21分)

前節に続いて前半のビッグチャンスを決められませんでした。
この時点ですごく嫌な感じはしていました。
ただ、アントラーズも同様にビッグチャンスを特典にすることが出来ず、まだ望みはあるとも思いました。
・・・残念ながら幻想だったようです。
CKから先制点を奪われ、そのまま逃げ切られてしまいました。
これまでの敗戦とは違い1失点で済んだ・・・こともあまり救いにはならないです。
ルヴァン杯と裏腹な成績が悲しいです。

Facebooktwittertumblr