第6節 VS浦和レッズ

ボールを奪ったら、一方はパスの出しどころを探した挙げ句最終ラインから組み立て直す、もう一方は相手ゴールに向かって一気に走る。そんな攻撃姿勢の差が、大きな結果の差となって現れた試合でした。
攻めあぐねてはいましたが、守備は何とか踏みとどまっていました。それが決壊したのは2点目を取られた時。あとはもう一方的でした。
再昇格以来1度も負けたことのない、相性の良かった相手に『また』4失点の大敗。
点を取る気配はしないのに、点を取られる気配はてんこ盛り。もっとボコボコにされてもおかしくなかったです。
どうやって点を取ろうとしていたのか、つまり勝とうとしていたのか、全く分かりませんでした。自分より後方にパスを出すことが多くては、点を取れなくて当たり前だと思います・・・。

Facebooktwittergoogle_plustumblr