MENU

ACL第1戦 VSブリーラム

アジアへのデビュー戦は、梁のPKで得たリードを守りきれずにドローに終わりました。
辛うじて勝ち点は得たものの、氷点下の気温同様に寒い試合でした。
せっかくボールを奪っても、相手にパスしてしまったり、ラインを割ってしまったりすることが多かったです。さらに『そこは決めてよ』と言うようなビッグチャンスもGKの正面への弱いシュートだったり、枠をわずかにそらしてしまったり・・・。
そして何より、試合終盤凍り付いたように足が止まったのは、ベガルタの方でした。それまでも運動量で上回っていたわけではないのに、気温差も移動距離も大きいタイの選手に走り負けてしまっていたことが、残念でなりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!