MENU

第32節 VS 大分トリニータ戦

スクロールできます
大分トリニータ2-0ベガルタ仙台
渡邉(後半5分、15分)

前節の試合後から今日までの間に周りの状況が変化して、気がついたら最下位に転落していました。
そしてトリニータはひとつ上の19位。
勝った方が順位を上げられ、残留圏も見えてくるという状況でした。

そんな絶対に勝たなくてはいけない試合でしたが、完敗です。
しかも点の取られ方が良くないです。

1点目はともかく、2点目のPKは本当に余計でした。
もっともこの2点目がなくても、結果は変わらなかったと思います。

点には結びつかなくとも、つまらないファウルやパスミスが多かったです。
セカンドボールも殆ど取れませんでした。
そして何より枠内シュートがゼロです。トリニータにとっては、ベガルタの攻撃は脅威にすらなっていませんでした。

元々下位のチームに負けることが多いベガルタですが、今日の敗戦は致命傷と言って良いかと思います。

よかったらシェアしてね!